強気な女性 の 終わらせ方

img_6961

私がスカートを履かなかった理由

こんばんは。
野田結子です。

みなさん、こんな言葉を聞いたことはありませんか?

男性にモテる女性は、女性からわれ、
女性にモテる女性は、男性からわれる。

私が今まで興味を持った世界はアパレルやブライダルといった「女性を幸せにできる」仕事。
企業に勤めていた頃からずっと口にしていました。

当然、女性に囲まれる日常。
一緒にお仕事する仲間も、お客さまも女性ばかり。

そんな日常があったからか、女性に嫌われたくない!とずっと心の底にそんな想いがありました。

だから私は男性の前ではずっと強気で生きてきた。
男性には媚びない。
それが女性から好かれるのだと。

男性に媚びないようにしていた私は自然とパンツを選び、強めなファッションをずっと好んでいたのです。

だから恋愛もあまり上手じゃなかった。
可愛くいたいのに、どこか強気な私が出てしまう。
今思えば「強さ」ではなく、ただただ「強気」なだけだった。

だけど少しずつ変わってきたのです。
それはきっと、自分に正直にいるようになってから。
好きなことを仕事にすると決め、やってみたいと思うことはとにかくやって、着てみたいと思った洋服も素直に着た。
それがずっと避けていたスカートやワンピース。

そして、男性に頼ること。
男性が頼りないのではなく、自分が頼らなかっただけ。
きっとどこかで頼りたくって、可愛くいたかった。
そうすると自分が思っていた以上に男性は頼もしくて、
自分が思っていた以上に男性は優しい、
そんなことに気づいたのです。

自分の人生に男性がいると、心のどこかで安心する。
そして今とは違った強さと、今までなかった優しさが芽生えてくる。

スカートを避けていた私、今ではスカートに目がいく日々(笑)

きっと社会で活躍する女性がどんどん増えてきて、女性という立場だけで男性に負けないように、強く生きている女性って多いのではないでしょうか。
ずっと強気で生きていると、きっとどこかで爆発してしまう。私もそうだったから。

強気でいることは決して悪いことじゃない。
ただ、もっと自分に正直に生きてみたら良いと思う。

頼りたいなら頼ってみて、甘えたいなら甘えてみる。
そうするときっと、もっと生きやすくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です