人がどう思うか ではなく、 自分がどう生きたか

IMG_6353

こんにちは。
野田結子です。

決めるのはいつだって、自分です。

タイトルにした言葉は、私の言葉ではなく、ある女性歌手の言葉です。
私の心にストンと落ちた言葉だったので、そのままタイトルにしました。

自分のしていること、しようとしていることに、
必ずしも賛成してくれたり、応援してくれる人ばかりではないことなら知っている。
反対されたり、心ない言葉に傷ついたり、笑いながら「無理だよ」だなんて言われたら、
何だか急に怖くなって、「無理なのかも」と思ってしまうこともないとは言えない。

だけど、人はあなたの何を見て”無理”だと決めつけるのでしょうか。
無理なのか、無理じゃないのかを決めるのは、人ではなく自分。
たった1%でも「できそう」と思った自分のこと、自分で裏切らないで欲しい。

周りの目が気になる、とか
世間体が‥と気になってしまうのが、
分からない訳ではない。
だけどね、もったいないということに気づいて欲しい。

人は自分が思っている以上に他人に興味がないということ。
あなたがその選択をし続けたところで、諦めたところで、
その人に何の影響があるのでしょう。

それよりもあの時のあの人の心ない言葉で、
私のあの選択を、あの夢を、諦めた、と思うことの方がずっと怖い。
人のせいにして生きてしまいそうだから。

自分の人生を振り返った時、
楽しかったな、
自分らしかったな、
そう思えたら最高じゃないですか?

そのためには自分で自分の人生の選択をしていくこと。
『人がどう思うかではなく、自分がどう生きたか』
周りの目や、他人の意見で何かを諦めようとしている人に届いて欲しい。

人は自分が思っている以上に他人に興味がない、だなんて言ってるけど、
人は自分が思っている以上に優しいということも私は知っている。
だからこそ、少数の心ない言葉に惑わされないで、
賛成してくれる人や応援してくれる人、そして自分自身を信じて、
自分の夢に向かって歩き続けて欲しい。

そして、そう。
私も今、夢に向かう道の途中にいるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です