2017年 春夏 ファッション トレンド 10選

IMG_8561

こんにちは。
ファッションキュレーターの野田結子です。

★★現在開催中★★ 詳細はこちら↓↓
今までで最高の夢を想像し
今ままでで最高の未来をリニューアルできる
ーセルフ・リニューアル・フォトブックー
<<セルフ・リニューアル体験会>>

 

「2017年春夏のトレンドって何ですか?」

”トレンド”と言われても、情報が多すぎて分からない!
だけど、”トレンド”って気になってしまう!

そんな方へ、2017年春夏のトレンドを10個にまとめてお伝えしていきます。
コーディネートの中に1つトレンドを取り入れるだけで、今年らしさがグッとあがるので、ぜひ参考にしてみて下さい。

①デニム

20170307192942090_500
(画像はネットより引用)

まずご紹介するのは「デニム」
デニムってトレンドなの?と思う方もいるでしょう。
もちろん年中使えるデニム!ですが、どちらかというと”ボーイフレンドデニム”のようにゆったりめが好まれていましたが、今年はもう少しスリムに見える”ガールフレンドデニム”を選ぶと今年らしくなります。
そして、もう1点気を付けて欲しいのが、ウエストの位置
ウエストの位置が高い「ハイウエスト」を選ぶこと。ローライズのものは時代遅れな印象が出てしまうので、やめましょう。目安としてはおへその上から、へそ下1センチ位までのものを選んでください^^

そして、新要素として、「ブリーチデニム」も要チェックアイテムです。
漂白剤を使ってデニムを部分的に色抜きしているブリーチデニムは、多く目にすることになりそうです。

241ba831153920b9af54b67d65334bb6

 

 

②ボタニカル柄

ボタニカル柄とは、植物をモチーフにしたプリント柄のことを言います。花柄とは違い、木の葉や茎、実、草花などをモチーフにした落ち着いた柄を示します。ナチュラルな大人っぽさ、上品さを演出してくれる柄です。

16970361B_8_D_500 19771001B_5_D_500
(画像は全てネットより引用)

同じボタニカル柄でも、2017年の春夏はイエローやグリーン等、トロピカル調のボタニカル柄が更なる人気を集めそうです。

abc67b0a-9dd0-4fc5-9f6d-aa8954470d99 19771001_16_D_500

ボタニカル柄をコーディネートに持ってくるだけで、今年らしく、そして華やかになるので、手軽にトレンドを取り入れたい方にはオススメです。

 

③ロゴトップス

18722584B_b_03_500 17611700B_b_19_500
(画像はZOZOTOWNより引用)

ここ数年レトロテイストが人気となっていますが、2017年も引き続きトレンドとなりそうです。
春夏は特に90年代風レトロが注目されています。

その象徴として、ロゴトップスが春夏にカジュアルな着こなしをしたい!という方にはマストアイテムになりそうです。
キッチュでインパクトのあるデザインを選ぶと更に今年らしさがグッとあがります。ふわっとしたボリュームのあるスカートやワイドパンツを合わせて、カジュアルになりすぎないのがポイント。

img_0752 img_0293
(画像はネットより引用)

ランウェイにも続々と登場しています。
幼くなりすぎないようにボトムスや小物で調整してみてくださいね。

 

④レトロ&ギーク

”ギーク”という言葉。聞き慣れない言葉ですよね。
どんなコーディネートをギークファッションというのでしょうか。
ギークの元々の意味は「変人」。現代では「オタク」というニュアンスで使われているのです。
オタク風の少しダサめなコーディネートが、おしゃれなんです。

レトロ&ギークファッションの代表的とも言えるアイテムをご紹介します。

まずは、丸メガネ

19639892B_17_D_500 img_58278c9a7e58f
(画像は全てネットより引用)

続いて、プリントトレーナー。ギークに見せるなら、少しダサめなプリントトレーナーを。

img_582791509d8fe _1_image_size_624_x
(画像はネットより引用)

そしてサスペンダー

17925835B_8_D_500

ギークなファッションは小物1つで変わりそうですね!

 

⑤ワンショルダー

昨年からオフショルダー(両肩を出しているもの)がトレンドとなっていますが、今年はオフショルダーだけでなく、ワンショルダーといった片方の肩だけ出したアイテムがトレンドになりそうです!

20587275B_5_D_500 19816444B_8_D_500
(画像はZOZOTOWNより引用)

オフショルダーよりも色っぽい印象になるワンショルダー。夏に着たい1枚ですね。

 

⑥アフリカンエスニック

ここ数年続いているエスニックブーム。今年もまだまだ続きそうです。
個性が強そうと思ってしまいそうなアフリカン柄ですが、トップス等一部に使うだけでも大丈夫。
暖色系でカラフルなアイテムに注目してみてください。
18461703B_19_D_500 5acbc8843d088001cc801e8f79073cbe
(画像はネットより引用)

1枚でも存在感が出るので、たった1枚なのにおしゃれ感がアップしそうです。

 

⑦アニマルモチーフ

2016年の秋冬から人気のあったアニマルモチーフ。春夏も続いています。
アニマルモチーフと聞くと、”レオパード”や”ゼブラ柄”を想像してしまいがちですが、動物のプリントが入っているものや刺繍で使用されているものも大注目です。

5248d73973e69940e8ef13c67e7eb804
(画像はネットより引用)

大柄のアニマルモチーフはもちろん、ワンポイントの刺繍などでアニマルモチーフを取り入れても良いですね^^

 

⑧ウエストマーク

ウエストマークとは、ウエスト部分にベルトを巻くコーディネートのこと。
コーディネートにアクセントができ、スタイルアップ効果もあるのです。

17155225B_b_34_500 17155228B_b_10_500
(画像はZOZOTOWNより引用)
「レトロ」や「ハイウエスト」がトレンドの春夏。ウエストマークが大注目と言えるでしょう。
色味やベルトの太さによって雰囲気も変わります。ウエストマークをしているだけで一気に”今年顔”!

 

⑨アシンメトリー

左右非対象であるアシンメトリー。先程登場した「ワンショルダー」もアシンメトリーアイテムの1つ。
春夏は前が短く、後ろが長い、というようなアシンメトリースカートも注目のアイテムです。

17251100B_b_26_500 16458665B_b_22_500
(画像はZOZOTOWNより引用)

アシンメトリーのアイテムを1つ取り入れるだけでもオシャレ感がアップします。
フレアスカートタイプは数多くのブランドで出されているので、自分のお気に入りが簡単に見つかりそうですね。

 

⑩ボヘミアン調の刺繍

春夏は刺繍アイテムが豊富!!洋服だけでなく、小物でも刺繍は要チェックです。
先程から登場する「レトロコーデ」はもちろん、「ボヘミアンコーデ」にも合わせやすい刺繍アイテム。

20474663B_b_03_500 20037575B_15_D_500 18160851B_1_D_500

 

まとめ

いかがでしたか?
何か一つ取り入れるだけで、一気に”今年らしい”コーディネートに近づきます。
ぜひ参考にしてみてください。
春も夏も、ファッションとともに楽しみましょう。

 

★★セルフ・リニューアル体験会★★

今までで最高の夢を想像し

今ままでで最高の未来をリニューアルできる

ーセルフ・リニューアル・フォトブックー
<<セルフ・リニューアル体験会>>

 

取材、執筆依頼などはこちら

その他ご質問やご感想は下記コメント欄に頂けると嬉しいです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です